毎日が、憂鬱です


貴兄らの中で、月曜日が憂鬱だとお感じの方はいらっしゃるだろうか。
いわゆるサザエさん症候群とか、暗い日曜日とか。
あぁ、明日会社行きたくないなぁ、なんて。

そんな貴兄に一読をオススメしたいのが、今、話題を集めている『憂鬱でなければ、仕事じゃない』。
幻冬舎の見城社長とサイバーエージェント藤田社長の共著で
見城社長の直筆メッセージに、二人がそれぞれの意見を述べていくという形式。
簡潔にまとめられているので、ページ数の割にさくさく読み進められます。

「パーティには出るな」や「行く気がないのに、今度、飯でもと誘うな」といった
印象的な言葉に添えられたお二人の考えには、身につまされるものがあります。
悩むこと、憂鬱になることはあたりまえ、それを乗り越えられる人間こそ
新しいものを生み出すことができるのだ、と。

例え、仕事を憂鬱に感じたとしても、それは何も間違ってはいないのです。
大事なのは、そこで立ち止まらないこと。前に進み続けること。
行き詰まりを感じた時こそ、一度、本書を開いてみては。

カテゴリー: BOOK, Work   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

毎日が、憂鬱です

2011.08.27


貴兄らの中で、月曜日が憂鬱だとお感じの方はいらっしゃるだろうか。
いわゆるサザエさん症候群とか、暗い日曜日とか。
あぁ、明日会社行きたくないなぁ、なんて。

そんな貴兄に一読をオススメしたいのが、今、話題を集めている『憂鬱でなければ、仕事じゃない』。
幻冬舎の見城社長とサイバーエージェント藤田社長の共著で
見城社長の直筆メッセージに、二人がそれぞれの意見を述べていくという形式。
簡潔にまとめられているので、ページ数の割にさくさく読み進められます。

「パーティには出るな」や「行く気がないのに、今度、飯でもと誘うな」といった
印象的な言葉に添えられたお二人の考えには、身につまされるものがあります。
悩むこと、憂鬱になることはあたりまえ、それを乗り越えられる人間こそ
新しいものを生み出すことができるのだ、と。

例え、仕事を憂鬱に感じたとしても、それは何も間違ってはいないのです。
大事なのは、そこで立ち止まらないこと。前に進み続けること。
行き詰まりを感じた時こそ、一度、本書を開いてみては。

book4_ts

憂鬱でなければ、仕事じゃない

¥1,365(税込)

見城 徹 , 藤田 晋 著 単行本:242ページ 出版社:講談社

Categorys Top : Work

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top