習慣は変えるべきか?

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

【人は自分が期待するほど、
自分を見ていてはくれないが、
がっかりするほど見ていなくはない】



貴兄の会社ではこういう事はありませんか?

・残業が多い(それもサービス)。
・仕事の後、上司に飲みに誘われる。
・休暇を取りにくい。
・取引先を接待する。
・上司よりも先に退社しにくい。

あげるとキリがありませんが、会社独自の慣習などもあげると際限なく出てきそうです。

これまでの慣習や環境は「悪い事、無駄な事」と分かっていてもなかなか変える事はできないもの。
とはいえ、無駄な事をし続ける事も極力避けたい。

何を大切にして何を捨てるか。
何に対して情熱を注ぎ何に対して距離を置くか。

貴兄が日頃感じている「無駄の正体」との付き合い方を身につけたいと思いませんか?

今回ご紹介する本『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』には、その「大切なもの無駄なもの見極める目」を身につけるための思考法・行動法が示されています。

出版業界のカリスマ見城氏とIT業界のカリスマ藤田氏の2人が再びコラボした本書。
前作「憂鬱でなければ仕事じゃない」ではビジネスマンが働く上での精神的心構えを熱く説き、
本作ではビジネスでも日常でも使える「何が大切で何が無駄か」を見極めるための35の言葉が書かれてます。

各章、「自分を追い込め」、「人付き合いの基本」、「仕事で勝つ心掛け」等々、厳しいタイトルが続きます。

人は自分が期待するほど、
自分を見ていてくれないが、
がっかりするほどみていなくはない

という本のタイトルから2人が伝えたいメッセージとは?

今までの習慣や考え方を捨てる勇気と自信はなかなか持てるものではありませんが
この本を読めば、行動に移すためにやるべき事が見えてくるはずです。

カテゴリー: BOOK, Work   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

習慣は変えるべきか?

2012.04.28

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

【人は自分が期待するほど、
自分を見ていてはくれないが、
がっかりするほど見ていなくはない】



貴兄の会社ではこういう事はありませんか?

・残業が多い(それもサービス)。
・仕事の後、上司に飲みに誘われる。
・休暇を取りにくい。
・取引先を接待する。
・上司よりも先に退社しにくい。

あげるとキリがありませんが、会社独自の慣習などもあげると際限なく出てきそうです。

これまでの慣習や環境は「悪い事、無駄な事」と分かっていてもなかなか変える事はできないもの。
とはいえ、無駄な事をし続ける事も極力避けたい。

何を大切にして何を捨てるか。
何に対して情熱を注ぎ何に対して距離を置くか。

貴兄が日頃感じている「無駄の正体」との付き合い方を身につけたいと思いませんか?

今回ご紹介する本『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』には、その「大切なもの無駄なもの見極める目」を身につけるための思考法・行動法が示されています。

出版業界のカリスマ見城氏とIT業界のカリスマ藤田氏の2人が再びコラボした本書。
前作「憂鬱でなければ仕事じゃない」ではビジネスマンが働く上での精神的心構えを熱く説き、
本作ではビジネスでも日常でも使える「何が大切で何が無駄か」を見極めるための35の言葉が書かれてます。

各章、「自分を追い込め」、「人付き合いの基本」、「仕事で勝つ心掛け」等々、厳しいタイトルが続きます。

人は自分が期待するほど、
自分を見ていてくれないが、
がっかりするほどみていなくはない

という本のタイトルから2人が伝えたいメッセージとは?

今までの習慣や考え方を捨てる勇気と自信はなかなか持てるものではありませんが
この本を読めば、行動に移すためにやるべき事が見えてくるはずです。

fujita_sub

講談社

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

1,365円(税込)

Categorys Top : Work

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top