電気シェーバーはドライで剃るのが基本です

フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC

最近、流行の電気シェーバーを使ったシェービング。
正しい手順を守らなければ、深剃りもできないうえ、肌にも負担をかけることになってしまいかねません。どんなに高いシェーバーを使っても、方法が間違っていれば結果は得られません。

基本的に電気シェーバーは洗顔前の乾いた状態で剃るのがベスト。というのは外刃でヒゲを引っかけ、内刃で切るというハサミのような構造だから。濡れた紙はハサミで切りにくいようにシェーバーも同じ原理。ただ、防水技術の発達により、最近は濡れた状態でも扱える電気シェーバーが増えています。ライフスタイルに合わせて、剃り方を変えてもよいでしょう。

ドライで剃る場合、肌の上の滑りをよくするために専用のプレシェーブ剤を使うのが必須です。
皮脂などでベタつくと摩擦が起き、刃がスムーズに動きません。ヒゲの生え方と逆目で剃る方が効率よく剃れます。
そのとき、シェーバーを持つ手と反対の手で、皮膚を引っ張っておくときれいに剃れます。
手で剃り残しがないかチェックし洗顔をします。最後にスキンケアで潤いを与え肌を守りましょう。

電気シェーバーでオススメなのが、回転式のヘッドで、特徴があるこちら。

フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC
【フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC】
使い続けるほどに刃が研磨されて深剃りできます。
また往復式より肌への当たりが優しいので、カミソリ負けに悩む人にもよいでしょう。

カテゴリー: Life, 男美塾   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

電気シェーバーはドライで剃るのが基本です

2012.05.01

フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC

最近、流行の電気シェーバーを使ったシェービング。
正しい手順を守らなければ、深剃りもできないうえ、肌にも負担をかけることになってしまいかねません。どんなに高いシェーバーを使っても、方法が間違っていれば結果は得られません。

基本的に電気シェーバーは洗顔前の乾いた状態で剃るのがベスト。というのは外刃でヒゲを引っかけ、内刃で切るというハサミのような構造だから。濡れた紙はハサミで切りにくいようにシェーバーも同じ原理。ただ、防水技術の発達により、最近は濡れた状態でも扱える電気シェーバーが増えています。ライフスタイルに合わせて、剃り方を変えてもよいでしょう。

ドライで剃る場合、肌の上の滑りをよくするために専用のプレシェーブ剤を使うのが必須です。
皮脂などでベタつくと摩擦が起き、刃がスムーズに動きません。ヒゲの生え方と逆目で剃る方が効率よく剃れます。
そのとき、シェーバーを持つ手と反対の手で、皮膚を引っ張っておくときれいに剃れます。
手で剃り残しがないかチェックし洗顔をします。最後にスキンケアで潤いを与え肌を守りましょう。

電気シェーバーでオススメなのが、回転式のヘッドで、特徴があるこちら。

フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC
【フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC】
使い続けるほどに刃が研磨されて深剃りできます。
また往復式より肌への当たりが優しいので、カミソリ負けに悩む人にもよいでしょう。

philips_sub

肌をいたわりながら優しく剃れるハイエンドモデル

フィリップス センソタッチ3D RQ1290CC

27,800円前後(実勢価格・編集部調べ)

問い合わせ先:フィリップス

http://japan.philips.co.jp/shaver/

Categorys Top : 男美塾

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top