痛くないウエットシェービング法とは?

iFIT

ウエットシェービングの醍醐味はなんといっても、深剃りができること。
スパッと剃れたときのあの心地よさは、男性しか味わえない特権といってもよいでしょう。しかし、ヒゲ剃りは誰にも習うことなく、案外、我流でやっている人が多いもの。それでカミソリ負けなどのトラブルを招き、苦手と思う人もいるようです。

電気シェーバーとは異なって、T字カミソリの場合は洗顔をしてヒゲが柔らかくなってから剃るのが基本。なぜなら、ヒゲは乾いた状態だと銅線と同じくらいの硬さだから。硬いままヒゲを剃ると、肌を傷めてしまいます。洗顔をして、肌表面の汚れや滑りが悪くなる余分な皮脂を落とし、さらに肌質にあったシェービング剤を用いるのがポイントです。

そして、何よりも重要なのが、つねに新しいカミソリで剃ること。その点、替え忘れなどが生じる替え刃タイプよりも、ディスポーザブル(使い捨て)タイプが優れているでしょう。

私が最近、使っているのは刃物の品質の高さに定評のあるこちら「貝印 iFIT(アイフィット)」。

というのも超・硬刃技術PINK+Wチタニウム、ナノコートを施された5枚刃で、切れ味は鋭く、そして肌に刃ソフトに剃れるから。さらに顔の凹凸にフィットするようにヘッドがフレキシブルに動く世界初の機能「Intelligent Fitting System」も使いやすいところ。普段使いにも、出張にも便利なカミソリを試してみませんか?

TEXT by gaku fujimura

カテゴリー: Life, 男美塾   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

痛くないウエットシェービング法とは?

2012.05.18

iFIT

ウエットシェービングの醍醐味はなんといっても、深剃りができること。
スパッと剃れたときのあの心地よさは、男性しか味わえない特権といってもよいでしょう。しかし、ヒゲ剃りは誰にも習うことなく、案外、我流でやっている人が多いもの。それでカミソリ負けなどのトラブルを招き、苦手と思う人もいるようです。

電気シェーバーとは異なって、T字カミソリの場合は洗顔をしてヒゲが柔らかくなってから剃るのが基本。なぜなら、ヒゲは乾いた状態だと銅線と同じくらいの硬さだから。硬いままヒゲを剃ると、肌を傷めてしまいます。洗顔をして、肌表面の汚れや滑りが悪くなる余分な皮脂を落とし、さらに肌質にあったシェービング剤を用いるのがポイントです。

そして、何よりも重要なのが、つねに新しいカミソリで剃ること。その点、替え忘れなどが生じる替え刃タイプよりも、ディスポーザブル(使い捨て)タイプが優れているでしょう。

私が最近、使っているのは刃物の品質の高さに定評のあるこちら「貝印 iFIT(アイフィット)」。

というのも超・硬刃技術PINK+Wチタニウム、ナノコートを施された5枚刃で、切れ味は鋭く、そして肌に刃ソフトに剃れるから。さらに顔の凹凸にフィットするようにヘッドがフレキシブルに動く世界初の機能「Intelligent Fitting System」も使いやすいところ。普段使いにも、出張にも便利なカミソリを試してみませんか?

TEXT by gaku fujimura

iFIT_sub

使い捨てにするのはもったいない!

貝印 iFIT(アイフィット)

2本+1本入り 452円

※新発売を記念して当面は2+2本入りとして展開

http://www.kai-group.com/jp/

Categorys Top : 男美塾

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top