仕事に役立つ“男の目力”を養うために

スキンケアのカウンセリングをしていると「目の下のクマが気になるんです」という相談を多く受けます。そんな方を観察していると、たいがい目をこすっています。花粉や黄砂などアレルギーで目が痒くなることも多い、昨今。目の周りに刺激を与え過ぎて、色素沈着している男性も多いようです。

実は、目の下は人体でもっとも皮膚が薄い箇所のひとつ。背中の皮膚の約5分の1くらいの薄さで非常にデリケートなのだとか。そんな部分を力を入れてこすったり、力を入れてマッサージするのは絶対にやめてください。

本来はクマにもいくつか種類があり、対処法も異なるのですが、まずは基本を覚えましょう。 指の中でももっとも力が入らない薬指で優しくアイクリームでケアするのがポイントです。目頭から目尻に向けてポンポンと軽く叩くようにしてなじませ、目の下に溜まった老廃物を耳の下へ、さらに腋下リンパへと流していきます。

そんな時に使いやすいのが、医師が監修しているアンプルールの目元用美容液。「ハイドロキノン」という話題の成分が配合されており、くすんだ色グマのある目元を明るく導いてくれます。

洗顔後のスキンケアはもちろん、残業の合間やプレゼンの直前などに行うのも◎。目元をスッキリさせて仕事に臨みたいものですね。

TEXT by gaku fujimura

カテゴリー: Life, 男美塾   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

仕事に役立つ“男の目力”を養うために

2012.05.21

スキンケアのカウンセリングをしていると「目の下のクマが気になるんです」という相談を多く受けます。そんな方を観察していると、たいがい目をこすっています。花粉や黄砂などアレルギーで目が痒くなることも多い、昨今。目の周りに刺激を与え過ぎて、色素沈着している男性も多いようです。

実は、目の下は人体でもっとも皮膚が薄い箇所のひとつ。背中の皮膚の約5分の1くらいの薄さで非常にデリケートなのだとか。そんな部分を力を入れてこすったり、力を入れてマッサージするのは絶対にやめてください。

本来はクマにもいくつか種類があり、対処法も異なるのですが、まずは基本を覚えましょう。 指の中でももっとも力が入らない薬指で優しくアイクリームでケアするのがポイントです。目頭から目尻に向けてポンポンと軽く叩くようにしてなじませ、目の下に溜まった老廃物を耳の下へ、さらに腋下リンパへと流していきます。

そんな時に使いやすいのが、医師が監修しているアンプルールの目元用美容液。「ハイドロキノン」という話題の成分が配合されており、くすんだ色グマのある目元を明るく導いてくれます。

洗顔後のスキンケアはもちろん、残業の合間やプレゼンの直前などに行うのも◎。目元をスッキリさせて仕事に臨みたいものですね。

TEXT by gaku fujimura

a_sub

医療用成分をふんだんに配合した

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレート アイ

18g 6,300円

http://www.ampleur.jp/

Categorys Top : 男美塾

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top