その自信が慢心になる時

経験を積み重ねていくうちに大きな障害となりうるものがあります。
それは、自分の実績や経験に対する自信。

自信を持つ事は非常に大切なこと。
しかし、これが人によっては自惚れ、独りよがりと言われたり、他人の意見を受け入れなくなるだけでなく、全く話しを聞かなくなる態度を取りがちになってくる。

こうなると人間としての成長が止まったと言わざるを得ません。

自分に自信とプライドを持つ。
志を高く持ち、ブレずに突き進む。
その姿勢に意義を唱える人はいないと思います。

しかし、これが慢心となり、物事がうまく進まないばかりか、周囲の人間の信頼を失う事もあり得るのです。

どうすれば良いのでしょう。
経営の神様と言われる松下幸之助氏はこう言います。

“素直な心を持ちなさい”と。

今回ご紹介する本は松下幸之助氏の著書「素直な心になるために」。
「素直な心を持つ」という言葉は、人生経験を積むにつれて縁遠い言葉に感じるもの。

しかし、思い返してみてください。
何かを始めるときには必ずこの「素直な心」を持って臨んでいたはず。

上司、先輩、同僚の話しに耳を傾ける姿勢。
その人の考えや気持ちを理解しようという姿勢。
色々と学び取り早く第一線に立てるようになろうという意欲。

「素直な心」を持って、人に対して謙虚に向きあった事で得たものは、今の自分に大切な財産となっているはず。

「素直な心」を大切にすることで得られるものとは一体何なのか。

成長するために必要な行動、より強い人間関係や信頼関係を築くための術を教えてくる一冊です。

カテゴリー: BOOK, Work   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

その自信が慢心になる時

2012.06.18

経験を積み重ねていくうちに大きな障害となりうるものがあります。
それは、自分の実績や経験に対する自信。

自信を持つ事は非常に大切なこと。
しかし、これが人によっては自惚れ、独りよがりと言われたり、他人の意見を受け入れなくなるだけでなく、全く話しを聞かなくなる態度を取りがちになってくる。

こうなると人間としての成長が止まったと言わざるを得ません。

自分に自信とプライドを持つ。
志を高く持ち、ブレずに突き進む。
その姿勢に意義を唱える人はいないと思います。

しかし、これが慢心となり、物事がうまく進まないばかりか、周囲の人間の信頼を失う事もあり得るのです。

どうすれば良いのでしょう。
経営の神様と言われる松下幸之助氏はこう言います。

“素直な心を持ちなさい”と。

今回ご紹介する本は松下幸之助氏の著書「素直な心になるために」。
「素直な心を持つ」という言葉は、人生経験を積むにつれて縁遠い言葉に感じるもの。

しかし、思い返してみてください。
何かを始めるときには必ずこの「素直な心」を持って臨んでいたはず。

上司、先輩、同僚の話しに耳を傾ける姿勢。
その人の考えや気持ちを理解しようという姿勢。
色々と学び取り早く第一線に立てるようになろうという意欲。

「素直な心」を持って、人に対して謙虚に向きあった事で得たものは、今の自分に大切な財産となっているはず。

「素直な心」を大切にすることで得られるものとは一体何なのか。

成長するために必要な行動、より強い人間関係や信頼関係を築くための術を教えてくる一冊です。

matsushita_sub

素直な心になるために

540円(税込)

松下幸之助 著
単行本:222ページ
出版社:PHP研究所

Categorys Top : Work

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top