Porsche New Boxster 試乗レポート【動画】

ひと足先にデビューした911も、「最良のポルシェは最新のポルシェ」というセオリーがいまだしっかりと存在していることを明確に示していた。

より高性能に、より快適に、より上質に、より低燃費になった新型911は、毎日乗れる高性能スポーツカーとしての理想像である。

 

カテゴリー: CREATE.drive, Drive   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Porsche New Boxster |ポルシェ ボクスター|

こいつはひょっとして911以上かもしれない…想像をはるかに超える完成度を目の当たりにし、冷静ではいられなくなった。

ひと足先にデビューした911も、「最良のポルシェは最新のポルシェ」というセオリーがいまだしっかりと存在していることを明確に示していた。
より高性能に、より快適に、より上質に、より低燃費になった新型911は、毎日乗れる高性能スポーツカーとしての理想像である。
ならば、その弟分にあたる新型ボクスターはどんなキャラクターをもったクルマなのか?
ひとことで言えば、ポルシェのエントリーモデルということになる。
日本での正式発表は夏頃であり、価格はまだ知らされていない。しかし、先代に対して大幅に高くなることはないはずで、
希望的観測を含めて予想すれば、2.7リッターを積む最廉価グレードで650万円前後か。911が1117万円~であることを考えると、500万円近く安いことになる。
このお買い得感はちょっと信じられないほど。親戚が働いているとか、ルックスがよっぽど気に入ったとか、
そういう特別な理由がないかぎり、メルセデス・ベンツSLKやBMW・Z4、フェアレディZロードスターといったライバルの2シーターオープンスポーツを選ぶのは難しい。
いや、僕なら親兄弟がポルシェ以外のディーラーでセールスをしていたとしても、
「ごめん!」といってボクスターを選ぶ。
もちろん、いくら価格が安かろうと、中身が”それなり”で終わっていれば、ここまで誉めたりはしない。
しかし、ボクスターの出来栄えは完璧にして圧倒的なのだ。

IMPRESSION

エクステリアの見どころは、911との差別性を強めた顔と、スポイラーと一体になったユニークな形状のリアコンビランプ。正直なところ、911のような魅惑的なルックスではないが、ボクスターとしては”正常進化”といったところだ。
むしろ大幅に魅力を増したのはインテリアで、どこもかしこも「これがボクスター?」と 思うほどに質感を高めてきた。エントリーモデルという言葉から想像される安っぽさは微塵もない。
しかし、最大の驚きは走り出してから訪れる。
そのドライブフィールを端的に表現するなら「最高に洗練された刺激性の塊」となるだろう。 ポルシェマジックという名の高性能フィルターで雑味だけを完璧に取り除いたスムースな刺激性こそが、毎日乗れるスポーツカーという、フェラーリにはない独自性をポルシェに与えている最大の理由だ。 とくに軽快感と快適性において、新型ボクスターは911をも凌ぐ実力を備えていた。
というわけで、日本初となる新型ボクスターの動画インプレッションをお届けしよう。モンテカルロラリーの舞台となった南仏の景色、フラット6の痛快なサウンドは、スポーツカーファンならずとも要注目である。
岡崎 五朗
岡崎 五朗
1966年生まれ。青山学院大学理工学部機械工学科在学中から執筆活動を始め、卒業と同時にフリーランスの自動車ジャーナリストとして活動を開始。
現在、自動車専門誌、一般男性誌への執筆の他、テレビ神奈川『岡崎五朗のクルマでいこう!』のメインキャスターを務める。
持論は「クルマはその国、その企業を映す鏡」。単なる試乗インプレッションにとどまらず、クルマを通して企業論、マーケティング論、技術論、文明論といった幅広いジャンルを語る。 日本自動車ジャーナリスト協会理事。

大胆で新しい解釈をともなった、由緒正しきレンジローバー・デザインキュー。

PhotoBook

Porsche New Boxster
Boxster OFFICIAL SITE

TODAY'S SPECIAL

Back to Top