レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

2012年8月15日、英ランドローバーは新型の「レンジローバー」日本名:レンジローバー ヴォーグ)を発表。

今回のフルモデルチェンジで、SUVでは世界初となるフルアルミモノコックボディを採用。

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

従来モデルのスチールボディより39%も軽い車両重量は最大420kgもの軽量化に成功したことで走行性能の向上と燃費改善とCO2排出量削減にも大きく貢献している。
足まわりはエアサスペンションを装備。運転状況を解析して最適なセッティングを自動で選択してくれる「テレインレスポンスシステム」との組み合わで心地よい運転を演出。また、ボディは静音対策との採用(フロントガラスや、サイドドアガラスにも遮音ガラスなど。)で、ノイズレベルを大幅に低減。
更には、ヴォーグらしい最高級レザーとウッドパネルの組み合わせによる品のあるインテリア空間。全てがヴォーグにふさわしい抜かりのない演出と言える。

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

パワーユニットは、V型8気筒エンジンと、環境に配慮したTDV6とSDV8ディーゼルエンジンが用意されている。
本国では9月中には受注を開始し、2013年の初頭には納車が始まる予定。日本国内での販売が待ち遠しい一台であることは確かである。

カテゴリー: CREATE.drive, Drive   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

2012.08.17

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

2012年8月15日、英ランドローバーは新型の「レンジローバー」日本名:レンジローバー ヴォーグ)を発表。

今回のフルモデルチェンジで、SUVでは世界初となるフルアルミモノコックボディを採用。

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

従来モデルのスチールボディより39%も軽い車両重量は最大420kgもの軽量化に成功したことで走行性能の向上と燃費改善とCO2排出量削減にも大きく貢献している。
足まわりはエアサスペンションを装備。運転状況を解析して最適なセッティングを自動で選択してくれる「テレインレスポンスシステム」との組み合わで心地よい運転を演出。また、ボディは静音対策との採用(フロントガラスや、サイドドアガラスにも遮音ガラスなど。)で、ノイズレベルを大幅に低減。
更には、ヴォーグらしい最高級レザーとウッドパネルの組み合わせによる品のあるインテリア空間。全てがヴォーグにふさわしい抜かりのない演出と言える。

レンジローバー ヴォーグ|フルモデルチェンジ

パワーユニットは、V型8気筒エンジンと、環境に配慮したTDV6とSDV8ディーゼルエンジンが用意されている。
本国では9月中には受注を開始し、2013年の初頭には納車が始まる予定。日本国内での販売が待ち遠しい一台であることは確かである。

2013RangeRover_sub

SUVでは世界初となるフルアルミモノコックボディ

2013レンジローバー ヴォーグ

Categorys Top : Drive

RELATED ENTRY

TODAY'S SPECIAL

Back to Top